借金問題の解決方法

無料相談で話した内容に沿って、弁護士の先生は適切なアドバイスをくれます。すごく信頼できる先生だと確信したり、相性がよかったりと、「ぜひこのまま依頼したい」と希望する方も出てくると思います。しかし、実際に債務整理で依頼した場合弁護士の先生はどのような解決方法を示してくれるのでしょうか?依頼するときに、もちろん弁護士の先生から直接説明はされますが、ここでも少しお話します。

六法債務整理には大きく分けて3つの解決方法があります。自己破産個人再生任意整理の3つです。相談内容で聞いた相談者の借入総額と借入先、借入期間、収入を確認したうえで、どの解決方法が相談者に最も適しているか判断します。借金はどのくらい減るか、過払い金があったらそれはいくらかの2つを、利息制限法という法律のもと計算してくれます。

相談者の収入や生活状況を考えて返済が可能だと判断した場合は、個人再生か任意整理という解決方法を提示してくれます。個人再生とは、裁判所に再生計画を提出し、認可がおりると債務が5分の1程度に減額されます。その5分の1の債務を3~5年で支払うというものです。任意整理とは、借り入れ開始時まで遡って、利息制限法で提示されている上限金利まで金利を引き下げて再計算をし、借金を減額します。そこから金利をカットし、借金の原本を3年ほどの分割払いで返済します。その内容の和解を借入先の貸金業者と結び、返済を続けます。個人再生と違って裁判所を通さないため、手続きが比較的簡単です。また、弁護士や司法書士が代理人として債権者と交渉をします。

そして、相談者が返済不可能な状況であると判断した場合は、自己破産を提案します。自己破産は、裁判所に破産申立書を提出し、支払い不可能と認められて面積が許可されると全ての借金がゼロになるというものです。しかし自己破産した場合、借金がゼロになっても、相談者が持っている価値のある財産は手放すことになります。

債務整理の方法が決まったら、あとは弁護士の先生にお任せで大丈夫です。また、無料相談を利用して複数の弁護士の先生に同じ相談内容を話すことをおすすめします。そうすることで自分に最も適した解決方法を提案してくれる弁護士の先生を見極めることができるからです。無料相談をうまく利用して、自分に合った弁護士の先生を見つけてください。

相談で聞かれること

準備を完璧にして持参物を揃えても、無料相談で一体どこから話せばいいのかわからない方も多いでしょう。そんな方は、まずは現在どういう状況なのか、何が不安なのかなど、現在の心境を素直に話してみましょう。そこからは、弁護士の先生から質問されることに、準備した書類などを元に解答していけば相談内容がスムーズに伝わります。

弁護士弁護士からは、いろいろなことを聞かれます。まずは一番大切な借金の内容についてです。総額いくら借金しているのか、いくつの借入先から借りているのか、毎月の返済額はいくらか、などを質問されます。先ほどお話した債権者一覧表を元に答えていきましょう。次に、相談者の方の現状についても聞かれます。仕事や収入について、家族構成について、持っている財産について、毎月家計からいくら返済に回せるのか、債務整理をするに至った原因などです。また、借金したお金を何に使ったかなども聞かれる場合がありますが、それも正直に話しましょう。弁護士の先生は責めるようなことは言いませんので安心してください。

相談内容を話したら、そのまま依頼しなければいけないのかと不安になる方もいると思いますが、弁護士の先生は強引に依頼させるようなことはしません。強引に依頼させるようなことをしてきた場合、それは悪徳業者の可能性が高いですので注意しましょう。

借金問題の無料相談

弁護士の無料相談を利用する人の中でも多いのが、借金問題についての悩みです。

借金問題を抱えている以上、お金に困っているのは確かです。お金に困っているなか、いきなり高いお金を払って弁護士に債務整理を依頼するのは不安な方も多いでしょう。そこで利用すべきが、この弁護士無料相談です。先ほどもお話したように、無料相談は限られた時間の中で内容を話さなければなりません。そのためには相談する側も準備が必要です。

クレジットカード債務整理の相談を受けるとき、弁護士が最低限知りたいことが3つあります。それは、相談者の借金の総額借入先いつから借り入れしているか、の3つです。そしてこの3つ知るために、相談者が用意すべきものが、債権者の一覧表です。債務整理の無料相談に行く際、最低限これだけは用意していきましょう。

また、他にも持参すべきものはいくつかあります。身分証明書、送金書など借金残高のわかるもの、借り入れの契約書、闇金取引履歴があった場合はその記録、借入先のクレジットカード、印鑑、給与明細や2年分の確定申告など所得がわかるもの、登記簿保険証書、車検証など持っている財産がわかる書類、退職金がある場合その書類、裁判所・債権者から届いた書類などです。無料相談に行く前に必要書類を揃えてしっかり整理していけば、無料相談での話の流れがスムーズにいきます

弁護士無料相談とは

相談最近よくテレビや広告で、「弁護士無料相談」という言葉を目にしませんか?実際に弁護士の先生に相談したいことがある方は、とても気になるワードではないでしょうか。しかし、実際に無料相談のところに問い合わせるには勇気がいるという方も少なくないはずです。しかし、弁護士の無料相談の制度をよく理解すれば、本当に無料で弁護士の先生の貴重なご意見を聞くことができます。ここからは、弁護士無料相談には一体どんな種類があるのかご紹介していきます。

弁護士無料相談は、大きく分けて3つの場所ですることができます。まず1つめが、地方自治体の法律相談です。各市町村の自治体が、市内に住んでいる人を対象に弁護士無料相談を行っています。相談に乗ってくれる弁護士の先生は弁護士会に所属しており、担当制です。そのためこちらから弁護士の先生を指定することはできません。また、実際に書類の整理をしてもらうなどの実務的なことを頼むことはできませんので注意してください。

次に、弁護士会による無料相談です。日本には、全部で52個の弁護士会が存在します。実際に弁護士会で法律相談をすると有料になるのですが、弁護士会が総合法律相談センターで行う無料相談というものがあります。それを利用すれば、住んでいる市区町村などは関係なく無料で相談することが可能です。

そしてもう一つが、法テラスの無料相談です。法テラスとは、日本司法支援センターのことをいい、法律家に相談や依頼をしたいけど経済的に余裕がない人を支援する国が設立した機関です。法テラスでは、無料相談に乗ってもらえる上に、その後実際に弁護士の先生に依頼することになったときの費用を立て替えてくれる制度もあります。(費用の立て替えにはいくつかの条件があります。)

どの無料相談にも共通しているのが、相談できる時間が限られているということです。そのため、限られた時間をどのように利用して相談内容を話せばいいのか、事前の準備が大切になってきます。相談内容を時系列に沿って紙に書いたり、相談内容によっては必要な資料を準備したりと、計画的に相談することで弁護士の先生からも適切なアドバイスをもらうことができます。決して、無計画にだらだらと話すのはやめましょう。せっかくの無料相談の機会を無駄にしてしまいます。