借金問題の解決方法

無料相談で話した内容に沿って、弁護士の先生は適切なアドバイスをくれます。すごく信頼できる先生だと確信したり、相性がよかったりと、「ぜひこのまま依頼したい」と希望する方も出てくると思います。しかし、実際に債務整理で依頼した場合弁護士の先生はどのような解決方法を示してくれるのでしょうか?依頼するときに、もちろん弁護士の先生から直接説明はされますが、ここでも少しお話します。

六法債務整理には大きく分けて3つの解決方法があります。自己破産個人再生任意整理の3つです。相談内容で聞いた相談者の借入総額と借入先、借入期間、収入を確認したうえで、どの解決方法が相談者に最も適しているか判断します。借金はどのくらい減るか、過払い金があったらそれはいくらかの2つを、利息制限法という法律のもと計算してくれます。

相談者の収入や生活状況を考えて返済が可能だと判断した場合は、個人再生か任意整理という解決方法を提示してくれます。個人再生とは、裁判所に再生計画を提出し、認可がおりると債務が5分の1程度に減額されます。その5分の1の債務を3~5年で支払うというものです。任意整理とは、借り入れ開始時まで遡って、利息制限法で提示されている上限金利まで金利を引き下げて再計算をし、借金を減額します。そこから金利をカットし、借金の原本を3年ほどの分割払いで返済します。その内容の和解を借入先の貸金業者と結び、返済を続けます。個人再生と違って裁判所を通さないため、手続きが比較的簡単です。また、弁護士や司法書士が代理人として債権者と交渉をします。

そして、相談者が返済不可能な状況であると判断した場合は、自己破産を提案します。自己破産は、裁判所に破産申立書を提出し、支払い不可能と認められて面積が許可されると全ての借金がゼロになるというものです。しかし自己破産した場合、借金がゼロになっても、相談者が持っている価値のある財産は手放すことになります。

債務整理の方法が決まったら、あとは弁護士の先生にお任せで大丈夫です。また、無料相談を利用して複数の弁護士の先生に同じ相談内容を話すことをおすすめします。そうすることで自分に最も適した解決方法を提案してくれる弁護士の先生を見極めることができるからです。無料相談をうまく利用して、自分に合った弁護士の先生を見つけてください。