この記事は約1分20秒で読めます。

一括ファクタリングの仕組み・特徴

一括ファクタリング

ファクタリングの多くは支払いを求める会社が行うものですが、中には支払いをする側の会社も行うことがあります。いずれもその時の事情によって選択されるものですが、この両社が同時に行うのが一括ファクタリングと呼ばれるものです。一般的なファクタリングでは、支払いを求める側が請求を行うなどして支払い続きが行われますが、一括ファクタリングではファクタリングサービスを提供する会社が仲介者となって代金に対する保証や支払いを行います。

このような仕組みは銀行の約束手形制度があり、銀行が仲介者となってその代金の支払いを保証したり、遠方の相手ともスムーズに取引ができるものですが、手形の場合には事務作業の発生のほか発行管理が必要ですし、印紙税も発生するものです。昔のように通信手段が限られているような時代においては銀行の手形は有益なものでしたが、現在では従来どおりの方法は効率的ではありません。またこの点は銀行も理解しており、手形に代わる新しいサービスとして一括ファクタリングが登場したものです。

一括ファクタリングでは、そのネットワークに登録していれば売掛債権を銀行がいつでも買取を行うというもので、同時に支払いの保証が行われます。これによって手形を発行するために必要な印紙税が不要または軽減するほか、発行するための事務手続きも不要になるものです。それに代金を支払ってもらう会社からしても、いつでも売掛債権を現金化できることから、資金調達がスムーズに行えます。

一括ファクタリングは主に銀行が行っているもので、仕組みとしても3社間ファクタリングのひとつになります。仕組みは保証型のファクタリングに買取型のサービスを付与したもので、支払い企業は、代金の支払いは一括ファクタリングを通じて行うことができ、登録された買掛金のデータをもとにファクタリングを利用する会社は、その範囲内でいつでも売掛債権を現金として回収することができます。もちろん、毎回現金化する必要はなく必要に応じて行うことで、災害などによる突発的な出費や季節的な理由で売上が減少するなどして資金繰りが厳しくなった場合に、そのタイミングだけ売掛債権をはやく回収するといった使い方もすることができ、これによって円滑に会社を運営するための資金を調達することが容易になるものです。ただ、一括ファクタリングの仕組みは古いもので現在ではそれまでの約束手形制度を電子化し、加盟している銀行間であれば自由に割引や分割ができるでんさいネットが、一括ファクタリングの代わりとして機能しています。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
海外
国際ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングでは、売掛債権がその売買のほか支払いの保証となるものですが、その中でも売買や保証が有益な分野として貿易があります。日本国内の商...

記事を読む

介護保険
【3社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

3社間ファクタリングは、2社間がファクタリングサービスを提供する会社と売掛債権の買取のほか支払いの補償を求める会社との間での取引であるのに対...

記事を読む

ネットワーク
でんさいとは?ファクタリングとの違い

でんさいは、電子記録債権のことで銀行などの金融機関で用いられているサービスです。でんさいの仕組みは、全国銀行協会が出資している株式会社全銀電...

記事を読む

現金
【2社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、買取タイプのものでは3社間と2社間があります。一般的に利用されるものは2社間ファクタリングです...

記事を読む

ファクタリングの取引
保証ファクタリングの仕組み・特徴

日本ではファクタリングといえば買取ファクタリングが一般的なものですが、本来の保証ファクタリングも存在します。保証ファクタリングの場合には、売...

記事を読む