この記事は約1分17秒で読めます。

保証ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングの取引

日本ではファクタリングといえば買取ファクタリングが一般的なものですが、本来の保証ファクタリングも存在します。保証ファクタリングの場合には、売掛債権を買い取るのではなく、売掛債権を保証するというもので、支払いを行う会社が何らかの理由で約束した売掛金の支払いが行えない場合に、ファクタリングサービスを提供する会社が、契約に基づき支払ってくれるものです。

仕組みそのものは簡単なもので、サービスを提供する会社が求めに応じて売掛先の会社の信用力を確認し、また保証される売掛債権の金額から保証料を設定し、その保証料を受け取ることで支払いが行えなくなった場合など契約に基づき行われます。履行条件は契約によって決まりますが、多くの場合には破産や会社更生、特別清算等の法的な債務整理が行われた時や手形の場合には交換所の取引停止が行われたり、手形や小切手の不渡りなどです。ほとんどのケースでは設定された期日までに支払いが行われない場合に、代わって支払いが行われます。

一方で保証される金額についても、サービスを提供する会社や契約によって異なってくるものです。特に支払いが行われない場合には代わりに支払いを行わなければなりませんから、サービスを提供する会社そのものの資金力がなければ十分な保証を行うことができません。このため大きな取引になると、引き受けてくれないケースもあります。

基本的には買取ではなく資金繰りを改善するというものではなく、互いに資金ショートをしないようにリスクを回避するための仕組みといえ、特に大きなプロジェクトや大規模な会社の組織改編などで一時的に大きな借入が必要になった場合などに用いられます。たいていの場合には税制上の問題から会社から資金を流出させたくない時には有益な手段です。また信用力が劣る会社が相手の会社を安心させるという面でも意味があります。

この他にも、与信管理に使われることもあるものです。もともとファクタリングではサービスを提供する会社は、その売掛債権が回収できる可能性について審査を行います。その審査の内容によって手数料を決定しますが、審査では売掛先の会社の信用力を調べることに繋がりますから、会社の信用力を知るという点でも意味があるものです。このようなことからはじめて取引を行うような会社が相手の場合には保証ファクタリングを使うことで、売掛金が未回収になるリスクを避けるという点でも意味のある方法といえます。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
保険証
医療ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングが利用される分野のひとつとして、医療があります。日本の医療制度では健康保険が大きな役割を果たしており、保険適用の診療報酬の7割...

記事を読む

介護保険
【3社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

3社間ファクタリングは、2社間がファクタリングサービスを提供する会社と売掛債権の買取のほか支払いの補償を求める会社との間での取引であるのに対...

記事を読む

海外
国際ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングでは、売掛債権がその売買のほか支払いの保証となるものですが、その中でも売買や保証が有益な分野として貿易があります。日本国内の商...

記事を読む

一括ファクタリング
一括ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングの多くは支払いを求める会社が行うものですが、中には支払いをする側の会社も行うことがあります。いずれもその時の事情によって選択さ...

記事を読む

現金
【2社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、買取タイプのものでは3社間と2社間があります。一般的に利用されるものは2社間ファクタリングです...

記事を読む