この記事は約1分19秒で読めます。

医療ファクタリングの仕組み・特徴

保険証

ファクタリングが利用される分野のひとつとして、医療があります。日本の医療制度では健康保険が大きな役割を果たしており、保険適用の診療報酬の7割りから9割りは健康保険から支払われているものです。この制度そのものは安定した医療を提供する上で欠かせないものですが、病院やクリニックがその支払いを受けるのにはタイムラグが発生してしまうものです。このタイムラグを埋めるためにファクタリングが活用されています。

診療報酬の流れとしては、保険に加入している患者が病院やクリニックを受診して診察や治療を受け、当日は本人負担分だけの費用を支払います。残りは健康保険組合に対して請求を行いますが、支払いが行われるのは最短でも2ヶ月後です。また費用の支払いは、まとめて行われますから最大で3ヶ月近いタイムラグが発生するものです。一般の会社でもそうですが資金に余裕があれば、問題ありませんが、支払いに時間が掛かればかかるほど資金繰りが難しくなってきます。このようなタイムラグを埋めるためにファクタリングが使われ、契約することで保険分の支払いを1ヶ月程度に短縮することが可能です。一方で保険請求を行った場合には、ほとんどのケースで支払いが行われますから信用力が高い売掛債権ともいえ、このためファクタリングでネックとなっている手数料は、民間の会社が利用するものと比べてはるかに低く設定されており、またこのような制度を対象としたものは医療ファクタリングとして区別されます。

医療ファクタリングを利用するのは主に健康保険で、病院やクリニックなどのほか調剤薬局も対象になるものです。また、介護保険も同様の制度ですから、介護保険を対象に介護事業者が利用するケースもあります。

なお、医療ファクタリングは仕組みから言えば3社間ファクタリングに分類されるものです。この場合には病院やクリニックなどが医療ファクタリングを提供している会社に申し込みを行い、その上で保険の支払いを行うく保険組合へ債権譲渡通知を行います。保険組合は医療機関からの請求を受けてその保険料をサービスを提供している会社に支払います。病院やクリニックなどは保険組合への請求と同時にサービス会社に買取の支払いを求め、問題がなければ買い取られた金額が支払われます。手数料については、信頼性の高い売掛債権ですから数%程度ですが、買い取りによって支払われるのは7割りから8割りで、保険組合などから保険料が支払われることで手数料を除いた残りの金額が支払われるのが一般的です。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
ネットワーク
でんさいとは?ファクタリングとの違い

でんさいは、電子記録債権のことで銀行などの金融機関で用いられているサービスです。でんさいの仕組みは、全国銀行協会が出資している株式会社全銀電...

記事を読む

ファクタリングの取引
保証ファクタリングの仕組み・特徴

日本ではファクタリングといえば買取ファクタリングが一般的なものですが、本来の保証ファクタリングも存在します。保証ファクタリングの場合には、売...

記事を読む

ABL
ABLとは?ファクタリングとの違い

ファクタリングと似たものとしてABLと呼ばれるサービスがあります。ABLはAssetBasedLendingの略ですが、日本語では売掛債権担...

記事を読む

海外
国際ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングでは、売掛債権がその売買のほか支払いの保証となるものですが、その中でも売買や保証が有益な分野として貿易があります。日本国内の商...

記事を読む

現金
【2社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、買取タイプのものでは3社間と2社間があります。一般的に利用されるものは2社間ファクタリングです...

記事を読む