2019-12

ファクタリング業界情報

2020年債権法改正後の2社間ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングの法律である民法466条「債権の譲渡性」が56年ぶりに改正されました。施行は2020年4月1日からです。この改正により、これまで2社間ファクタリングのメリットであった「債権譲渡の事実を取引先に知られずに債権の売却譲渡ができる」...
ファクタリングの基礎情報

ファクタリング後の流れは取引方法で異なる 取引後は債権譲渡登記記録の抹消が必須!

ファクタリングで資金調達後の流れは取引方法によって異なります。2社間の場合は取引先から入金された売掛金を全額そのままファクタリング会社へ送金します。3社間は支払い期日に取引先からファクタリング会社へ直接送金される流れが一般的です。 ...
ファクタリングの基礎情報

ファクタリング後の不渡り 利用者への影響はどうなるのか?

不渡りとは、手形や小切手、売掛債権などが決済期日を過ぎても代金の支払いがされない状態を指します。ファクタリングで期日前に資金調達を行ってから不渡りになった場合、利用者には2つの道が待っています。ファクタリングで得た資金の返却義務と返...
ファクタリング業界情報

債権法改正 何がどう変わったのか?利用者・取引先への影響は?

2020年4月1日から、ファクタリングの法律である「債権法」が改正されます。改正の要点は「債権譲渡禁止特約付き」の売掛債権でも譲渡可能にすると法律に明文された部分です。利用者にとっては嬉しい改正点ですが、しっかりと改正内容を把握して...
タイトルとURLをコピーしました