この記事は約1分16秒で読めます。

ABLとは?ファクタリングとの違い

ABL

ファクタリングと似たものとしてABLと呼ばれるサービスがあります。ABLはAssetBasedLendingの略ですが、日本語では売掛債権担保融資とも呼ばれているものです。これは銀行など金融機関に売掛債権などを担保として、融資を受けるというもので担保融資の一種になります。担保をとって融資をするものですが、債権以外にも動産などが担保の対象となるのがファクタリングとの違いです。また審査基準もファクタリングでは支払いが行われるのか、その信頼性によって決まりますが、ABLでは融資担保としての価値があるか判断するものです。このためABLの方が審査は厳しいとされています。

ABLにしてもファクタリングにしてもメリットとデメリットがありますが、ABLのメリットは担保による融資ですので、固定資産がなくても融資が受けられる可能性があるものです。売掛債権以外にもさまざまなものがその担保として認められる可能性があり、例えば在庫品なども対象となるものです。銀行から融資を受けるにしてもABLであれば固定資産がなくても利用できる可能性があるのが大きなメリットといえ、融資を受けることが可能になれば、資金調達の方法が確保され経営を安定させることが可能です。

これは、さまざまなものを担保にすることができる可能性があることがメリットで選択肢が多いといったものが利用される理由です。しかし、もちろんデメリットもあります。デメリットは、担保が固定資産ではなくその価値を定めるのは融資を行う会社です。このため価値の付け方によっては過剰担保になるリスクがあるほか、返済が難しくなった場合に法的な手続きで担保の回収が実行されると倒産するリスクがあります。このようなことから、担保融資そのものは全体の資産を見て割合を定める必要があり、過剰に依存すると問題が発生した時には急速に資金繰りを悪化させる原因になりかねません。またABLは会社を乗っ取る手段としても用いられることがあり、信頼できるところのものを選ぶ必要があります。

この点で、ファクタリングは売掛債権が中心ですので、ABLのようなリスクはありませんが、担保融資の場合には、債権以外にも担保とすることができ、より大きな資金を調達したい場合には向いているものです。一方でファクタリングは日々のお金の流れを円滑にするのに向いており、資金繰りを円滑に行うといった面で強みがあるサービスといえます。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
海外
国際ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングでは、売掛債権がその売買のほか支払いの保証となるものですが、その中でも売買や保証が有益な分野として貿易があります。日本国内の商...

記事を読む

一括ファクタリング
一括ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングの多くは支払いを求める会社が行うものですが、中には支払いをする側の会社も行うことがあります。いずれもその時の事情によって選択さ...

記事を読む

保険証
医療ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングが利用される分野のひとつとして、医療があります。日本の医療制度では健康保険が大きな役割を果たしており、保険適用の診療報酬の7割...

記事を読む

現金
【2社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

ファクタリングにはいくつかの種類がありますが、買取タイプのものでは3社間と2社間があります。一般的に利用されるものは2社間ファクタリングです...

記事を読む

介護保険
【3社間】買取ファクタリングの仕組み・特徴

3社間ファクタリングは、2社間がファクタリングサービスを提供する会社と売掛債権の買取のほか支払いの補償を求める会社との間での取引であるのに対...

記事を読む