ファクタリングの基礎情報

ファクタリングの基礎情報

ファクタリングで情報通信業の資金繰りが改善できる!2社間と3社間をロジカルに使い分けるべき理由

もはや小学生でもスマートホンを使って手軽にインターネットを利用する時代です。IT関連企業、特にエンジニアなどのシステム開発に携わる情報通信業は好景気です。しかし、中小企業を中心に「資金繰りの悪化」が懸念されている現状があります。 いく...
ファクタリングの基礎情報

ファクタリングで飲食業のキャッシュフローを改善!融資に頼らない骨太経営ができる!

キャッシュレス化によって多くの業界が悲鳴を上げていますが、その中でも特に経営に苦しむのは「飲食業」です。原価率の高い高級店ほど、キャッシュレス化による資金サイクルが悪化しており、老舗や名店といわれた飲食店でさえ経営が危ぶまれています。 ...
ファクタリングの基礎情報

運輸業こそファクタリングで運転資金を調達すべき業界である3つの理由

日本の産業を支えてきた運輸業。ヤマト運輸や佐川急便など、大手と呼ばれている運輸会社の他にも中小企業の業者も多くあります。最近では個人事業主から合同会社へ鞍替えする業者も増えてきました。 中小企業運輸業者の泣き所は「資金繰り」です。事...
ファクタリングの基礎情報

卸売・小売業はファクタリングの活用で脱!チャンスロスができる

卸売・小売業において「モノが売れない」よりも「売れるモノが無い」方が致命的です。特に小売業は情報のアンテナを常に張っておかないと、せっかくのセールスチャンスを逃すことにも繋がります。売れ筋商品、流行しそうな商品が市場にあったとしても、手元に...
ファクタリングの基礎情報

建設業がファクタリングを積極的に使うべき5つの理由

建設業は日本経済を支える上で重要な産業です。建設業が無くては現在の発展はありえないでしょう。しかし近年、資金繰りの悪化が原因で倒産や解散をする建設業者が増えています。特に注目すべきが「黒字倒産」です。売掛取引で仕事を受注するものの、手元の運...
ファクタリングの基礎情報

延現金払いとファクタリングでWIN WINの取引ができる理由

資金繰りが厳しい中小企業にとって、延現金払いは売掛金の支払い期日を伸ばされてしまう取引です。下請法によって、無意味な延現金は禁止されていますが、条件次第では下請法が適用されません。延現金払いを断れば良いと考えているかもしれませんが、実際に申...
ファクタリングの基礎情報

銀行融資VSファクタリング?銀行融資&ファクタリング?

企業の資金調達方法といえば、銀行融資が一般的でした。銀行の融資担当者の「ツルの一声」によって、企業の命運が握られていたといっても過言ではありませんでした。どうしてここまで銀行が企業に対して力を持ったのか。 それは「手形」取引が日本の...
ファクタリングの基礎情報

製造業がファクタリング利用を本格的に利用している理由

日本の産業を支えている製造業の多くは中小零細企業がほとんどです。下請として仕事をする企業も多く、親業者との関係性が重要な業界といえます。ファクタリングは売掛債権を早期資金化できる金融工学です。手形が発行できない赤字企業において、売掛取引は重...
ファクタリングの基礎情報

採石業の資金繰りにファクタリングが有効な理由

採石業とは採石法で定められた、岩石の採取を目的とする事業です。コンクリートの原材料にもなる「砕骨材採取業」と墓石などに使われる「石材採取業」、そしてベントナイトなどを採取する「工業用減量採取業」の3つに分かれます。 どの業種も建築業...
ファクタリングの基礎情報

農業のファクタリング活用方法と注意点 農業の資金繰りをファクタリングが救う

日本の食と住を支える農業ですが、担い手不足や資金繰りの悪化などにより、従事者が徐々に少なくなっています。担い手不足や資金繰りの悪化は別問題ではありません。資金繰りの悪化が担い手不足につながっているのです。 ファクタリングは、売掛債権...
ファクタリングの基礎情報

ファクタリングの掛け目は手数料じゃない?勘違いすると損!詐欺にあっている可能性大

ファクタリングは売掛債権総額すべてを資金化できません。しかしそれは最初の入金時の話です。取引先から売掛金が入金され、そのお金をファクタリング会社に送金した時点で、掛け目の残り分から手数料や諸経費が差し引かれて返金されます。 この流れ...
ファクタリングの基礎情報

社団法人とファクタリングの関係性は相思相愛?注意すべき3つのポイント

ファクタリングには債権譲渡登記が必要な契約がほとんどです。中には譲渡登記をしなくても資金調達ができる会社もありますが、手数料が比較的高くなるなどのデメリットがあります。登記は法人格のある組織だけが利用できます。社団法人も株式会社や合同会...
ファクタリングの基礎情報

NPO法人のファクタリングが優遇される3つの理由

NPO法人とは、非営利の法人格です。非営利であるため、すべての事業活動に利益が発生しないと思われていますが、実際に利益が無ければ法人として運営するのは難しいです。募金や助成金などが運営費になるケースが多いですが、それだけでは運営できませ...
ファクタリングの基礎情報

合同会社のファクタリングは会社の規模などによって審査落ちする可能性もある

日本の会社法において、株式会社の次に多い事業形態が「合同会社」です。株式会社と同じように「法人格」を持っています。ファクタリングは債権譲渡登記を求められるケースがほとんどです。法人格を持つ合同会社はファクタリングによる資金調達ができ...
ファクタリングの基礎情報

株式会社のファクタリングは特に中小企業に有効な資金調達手段である

「株式会社」とは運営資金を株主から出資してもらい、商売で得た利益を配当する「法人」の事業形態です。簡単にいうと「商売が得意な人にお金を預けて増やしてもらう」という運営の方法になります。 ファクタリングは、売掛債権を売却譲渡する...
ファクタリングの基礎情報

個人事業主はファクタリングNG?資金調達手段は多めに確保しておくべき理由

働き方改革の影響もあり、サラリーマンの副業が多くなりました。税金対策も兼ねて、個人事業主として起業する人も増えています。 しかし、個人事業主にも悩みが尽きません。特に「資金繰り」に関してはかなり大変です。もっと仕入れたい!も...
ファクタリングの基礎情報

ファクタリング後の流れは取引方法で異なる 取引後は債権譲渡登記記録の抹消が必須!

ファクタリングで資金調達後の流れは取引方法によって異なります。2社間の場合は取引先から入金された売掛金を全額そのままファクタリング会社へ送金します。3社間は支払い期日に取引先からファクタリング会社へ直接送金される流れが一般的です。 ...
ファクタリングの基礎情報

ファクタリング後の不渡り 利用者への影響はどうなるのか?

不渡りとは、手形や小切手、売掛債権などが決済期日を過ぎても代金の支払いがされない状態を指します。ファクタリングで期日前に資金調達を行ってから不渡りになった場合、利用者には2つの道が待っています。ファクタリングで得た資金の返却義務と返...
ファクタリングの基礎情報

ファクタリングの平均利用額は?意外と多い少額取引

ファクタリングを利用して資金調達に充てる中小企業や小規模企業が増えています。 ファクタリングは平均、いくらくらい利用されているのかご存知ですか?平均は約250万円とされているのです。あくまでも平均であり、上は数億円から下は数万円までと...
ファクタリングの基礎情報

個人事業主を対象としているファクタリング会社 少額の売掛債権買取OK

個人事業主が抱える財務上の大きな問題は資金調達です。もちろん個人事業主でも売上を伸ばしている事業者はいます。しかし、社会的信用からいえば法人格よりも社会的信用が低いのは事実です。社会的信用が低いことで、銀行融資が受けにくく、緊急の資金調...
タイトルとURLをコピーしました