ファクタリングで飲食業のキャッシュフローを改善!融資に頼らない骨太経営ができる!

キャッシュレス化によって多くの業界が悲鳴を上げていますが、その中でも特に経営に苦しむのは「飲食業」です。原価率の高い高級店ほど、キャッシュレス化による資金サイクルが悪化しており、老舗や名店といわれた飲食店でさえ経営が危ぶまれています。

キャッシュレス化の中で最も飲食業への影響が大きいのが「クレジットカード」をベースにした決済です。QRコード決済などもクレジットカードがベースにあります。消費者としては、手元に現金がなくともカードやスマホがあれば決済できる利便性の高い仕組みです。しかし、業者側にとっては支払われた代金をすぐに経営資金に回せないのです。

クレジットカード会社との契約もありますが、基本的にクレジット債権の入金は売上の発生から起算して2ヶ月~3ヶ月後であるケースがほとんど。資金不足が食材の仕入れなどにも影響しかねないのです。

ファクタリングを活用すれば、飲食業のキャッシュフローの改善が可能です。仕入れのために利率の高い融資を受けなくとも、クレジット債権を資金化することでスピーディーに資金調達が済ませられます。

飲食業のファクタリング活用方法

飲食業のファクタリング活用方法のポイントは「運転資金」と「急な出費」です。ここでは飲食業界で起こりうるシチュエーション別に活用方法例を挙げていきます。

毎月の仕入れ資金に活用

飲食業界には「消費期限」と「賞味期限」があります。仕入れた食材のうち、消費期限があるものを期限内に使い切らないと廃棄処分となり、原価率が上昇します。賞味期限は消費期限よりも長いですが、その分内容量が多く、仕入れ単価も高くなりがちです。

毎日のように買掛金が上積みされていくのが飲食業界です。クレジット債権の入金日は、基本的に売上発生から起算して3ヶ月~4ヶ月程度掛かります。繁忙期の収入が3ヶ月後に入金されるのですから、よほど計画的に資金運用をしないと簡単に資金繰りが悪化します。

こうした状況にぴったりなのが、ファクタリングによる資金サイクルの安定化です。3ヶ月~4ヶ月後のクレジット債権を当月中に資金化できれば、仕入れ用の資金サイクルが安定し、繁忙期に向けた仕入れ資金も計画的に確保できます。キャッシュレス払いによる資金繰りの悪化を懸念しなくても良くなります。活用方法のポイント「運転資金」での使い方です。

給与払いの多様化に活用

飲食業界は給与ベースが低い業界です。ファーストフードや居酒屋など、給料ベースが低いためアルバイトで賄っているのが現状です。しかし、近年は働き方が多様化したことに対応してか、給与払いも多様化しています。

日払いや週払いなどを自由に選べるようになってきました。雇用する側としては、決められた日に毎月支払う方が資金運用も安定します。しかし、月払いしか選択できない飲食店には従業員が集まらなくなっているのです。

こうした給与の支払い方の多様化にはファクタリングが便利です。クレジット債権を早期資金化することにより、日払いや週払いの給与払いにも対応できるようになります。使い方のポイントとしては「急な出費」にあたります。

急な厨房機器の故障の修理費用として活用

飲食業界で最も高額な経費は、厨房機器の維持費です。購入時はもちろん、修理が発生した際も高額な経費が発生します。古い機械には専門のメンテナンス費用が発生することもあるなど、厨房機器の問題は経営そのものにも影響するのです。

万が一、故障などでメインの料理などが提供できない場合、修理するまでの期間の売上チャンスを逃すことにも繋がります。修理費用が捻出できない場合は、費用が手に入ってから修理が完了するまでの期間の売上を逃すことになるのです。

ファクタリングでまとまった資金を確保できれば、急な故障にも対応できます。飲食業の重要な資産である厨房機器をいち早くメンテナンスし、売上チャンスを逃さないようにしてください。

飲食業ファクタリングの注意点

債権を期日前に資金化できるファクタリングですが、使い方に注意しなくてはなりません。闇雲にファクタリングをすると、経営状態を悪化させてしまうことにも繋がるのです。

次月の入金が無い

ファクタリングは売掛債権を早期資金化できます。債権そのものをファクタリング会社に売却して資金を得るのです。本来の入金日に取引先(カード会社)から入金された売掛金は、全額ファクタリング会社へ送金しなくてはなりません。

そのため、本来の入金日には収入ゼロということになります。つまり、債権を入手してから次月の売掛金入金日までは現金払いでの収入しかないということになるのです。闇雲にファクタリングを利用してしまうと、まさに「無い袖は振れない」状態になってしまうことを覚えておきましょう。

継続利用orスポット利用

ファクタリング利用は「継続利用」もしくは「スポット利用」の二択です。自社のキャッシュフローを改善するためには継続利用が望ましいですが、ファクタリングには手数料が発生します。

手数料は債権総額の5%~30%が発生します。つまり、100万円の収入があったとしても、資金化できるのは70万円~95万円ということになるのです。更に、ファクタリング会社のリスクヘッジのために「掛け目」も発生します。債権総額の80%~90%が相場ですが、これもファクタリング会社によって異なります。

債権総額の100%を資金化できる訳ではないことを覚えておく必要があります。手数料%が純利益を圧迫してしまうのであれば、利用は急場しのぎのスポット利用に限定するのも良いでしょう。自社の財務状況に合わせて利用を検討してください。

飲食業のファクタリング会社選びの注意点

飲食業がファクタリングを利用する際、重要なのが債権の売却先である「ファクタリング会社選び」です。ファクタリング会社の中には、相場以上の手数料や悪質な契約内容を平気で提示する悪徳会社もあります。

大事な債権を買い取ってもらうのですから、きちんとした信頼できる会社に買い取ってもらわなくてはならないのです。

手数料の安さに惑わされないで

インターネットで「ファクタリング」と検索すると、色々な会社の情報が閲覧できます。ここで注意してほしいのが「安すぎる手数料」を明記している会社です。基本的にファクタリングの手数料は5%~30%です。1%や2%というような手数料では、ファクタリング会社の売上にも繋がりません。

逆に考えると、安すぎる手数料を餌に悪質な業者が待ち受けている可能性もあるのです。本当に信頼できる会社なのかをしっかり見極めてから利用を検討しましょう。不安な場合は、顧問弁護士や司法書士と連携をとった上での利用を検討してください。

掛け目や相場を知っておこう

ファクタリングの掛け目とは、万が一取引先が倒産して売掛金の回収ができなくなった際に、ファクタリング会社の保険となる留保金を指します。本来、掛け目とは「担保融資」などで使われている「担保評価率」のことです。ファクタリングは融資ではありません。取引先が倒産して債権回収ができなくなった場合のリスクはファクタリング会社が負うことになります。

掛け目分を資金として利用者に支払い、掛け目差分をファクタリング会社の留保金としてプールしておくのです。売掛金が満額入金された時点で、掛け目差分の留保金は利用者に返還されます。

手数料は貸金業法のような法律が決まっていないため、ファクタリング会社が自由に決められます。自由に決められるからと、高額すぎる手数料では顧客も集まりません。なるべく手数料が安いファクタリング会社を選ぶことも重要ですが、掛け目の基本や相場をしっておくことで、悪質な業者を見分ける指標にもなりうるのです。

飲食業のファクタリングでキャッシュフローを改善しよう!

飲食業がファクタリングを活用する際は、自社の経営状況や財務状況をきちんと把握した上での計画的な利用がオススメです。キャッシュフローの改善はもちろん、機器の故障によるチャンスロスを防ぐなど、有効に利用してください。